2009年12月05日

『日経エンタテインメント!』2010年1月号の福田麻由子さん

■『日経エンタテインメント!』2010年1月号(12月4日発売)の特集「2009年ヒット総まくり」の「初・映画主演」という項目(51ページ)に、福田麻由子さんが出ています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんに関係する部分は太字にしました)】
年間で約400本が製作されている邦画。初主演をテレビドラマに先駆けて果たす俳優は多いが、初主演の作品が週間興行成績のトップ10に入った俳優だけをピックアップするとぐっと絞られる。2009年は6人の俳優がこれに該当する。
 小出恵介は10月『風が強く吹いている』で初主演(林遣都とW主演)を果たした。テレビドラマや映画の話題作にひっぱりだこの売れっ子で、満を持しての映画初主演だったといえる。
 佐々木希は逆に、演技本格挑戦でいきなりの初主演。南沢奈央もデビュー2年目の映画初主演だったが、こちらはBSや深夜帯の連ドラで主演経験があった。
 歌舞伎役者、中村勘三郎の長男である中村勘太郎は映画2作目で初主演。鎌倉時代に曹洞宗の開祖となった道元の生涯を演じた。
 福田麻由子は公開時に14歳で初主演。長瀬智也とのW主演で、年の差カップルを演じ、子役から女優への脱皮(だっぴ)を果たした。
 六角精児は公開時に46歳にして初主演。テレビシリーズでも好評だった『相棒』の鑑識役を演じた。


初映画主演(興行通信社調べの週間興行ランキングで2009年にトップ10に入ったことのある作品からピックアップ)
□名前□
小出恵介
□作品□
『風が強く吹いている』
□配給□
松竹
□解説□
本作で林遣都とW主演。2003年に俳優デビュー。2009年は『ROOKIES 卒業』など人気作に多く出演。

□名前□
佐々木希
□作品□
『天使の恋』
□配給□
ギャガ
□解説□
女性誌モデルやグラビアなど幅広く活躍。女優デビューは2008年。本作で本格的な演技に挑戦。


□名前□
中村勘太郎
□作品□
『禅 ZEN』
□配給□
角川映画
□解説□
人気歌舞伎俳優。2004年の『新選組!』で注目。2009年は『オトコマエ!2』(NHK総合)などに出演。


□名前□
福田麻由子
□作品□
『ヘブンズ・ドア』
□配給□
アスミック・エース
□解説□
200年に子役としてデビュー。2005年『女王の教室』で注目される。本作では長瀬智也とW主演だった。


□名前□
南沢奈央
□作品□
『赤い糸』
□配給□
松竹
□解説□
2006年に女優デビュー。同年、『恋する日曜日 ニュータイプ』(現BS−TBS)で連続ドラマ初主演。


□名前□
六角精児
□作品□
『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』
□配給□
東映
□解説□
1980年代の小劇場ブーム時から頭角を現す。2009年も地上波連ドラに欠かせない名脇役として活躍。



【引用ここまで↑↑↑】
posted by mayuko at 12:05| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。