2010年05月19日

『サンケイスポーツ』2010年5月8日号の福田麻由子さん

■『サンケイスポーツ』2010年5月8日号の27面に福田麻由子さんがヒロインの声を担当しているアニメがDVD化されて発売されるというニュースが載っています。
【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】
女優、福田麻由子(15)が主演声優を務める、公開中のアニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』(片渕須直監督)が、7月23日にDVD発売される。
田園風景が広がる1955年の山口県・防府を舞台に、女子小学生が友情を通じて成長していく物語で、4月から高校に進学した福田も、主人公の気持ちを実感している。
本紙の取材に「友だちと放課後に食堂で勉強したり、大好きなPerfumeの曲を踊(おど)りながら歌っています。」と明かし、クラスメートが芸能人という目で見ず、普通に接してくれることが何よりうれしいと語る。「友達といろんなことを体験するのも大切なことだと思います」と女優と学業の両立を誓った。
【引用ここまで↑↑↑】

☆おことわり☆
画数の多い漢字を太字にすると、字がつぶれてしまって読みにくいと思うので、振り仮名をつけました。


posted by mayuko at 10:12| 新聞に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

『webザテレビジョン』2010年5月11日号の福田麻由子さん

■テレビ番組誌『ザテレビジョン』(角川書店発行)のインターネット版『webザテレビジョン』2010年5月11日に、福田麻由子さんの記事が載っています。
インターネット上にあるものはいつ消えてもおかしくないので、バックアップの意味でここに書き写しておくことにします。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】
上戸彩主演のドラマ「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」(フジ系)で、女優の福田麻由子が約2年ぶりに連続ドラマ出演することが分かった。

同ドラマは、警視庁に新設された「特命捜査対策室」を舞台に、新米刑事の桜木泉(上戸)が、個性豊かな同僚たちと未解決事件の解決に奮闘する姿を描く。福田が出演するのは、5月11日(火)放送の第5話と、5月18日(火)放送の第6話。第5話では「動物連続殺傷事件」の再捜査が決定し、桜木らは捜査を開始。そんな中、福田は謎の少女として桜木の前に現れる。今回、撮影中の福田に話を聞いた。

――このドラマ出演が決まった時の感想は?

前から見ていたドラマだったので、そうなんだ! 出られるんだ! と思いました。上戸さんと共演していても、ずっと見ていたから「何で私がこのドラマの中にいるんだろう?」と不思議な感じがします。

――謎の少女という役どころですが?

(演じる上で)あんまり考え過ぎずにしようとは思っているんですが、「この女の子は不思議だな」と思ってもらえるような雰囲気を出せたらいいなと思います。

――第5話、第6話のゲスト出演に関しては?

事件のキーポイントとなる人物をやるのは、うれしいです。これまでサスペンス的なドラマや映画には出演したことがありますが、刑事モノはほぼ初めてなので、独特の謎解き(なぞとき)だったり、テンポだったりというのに、どう自分がはまっていくのか楽しみですね。

――現場の雰囲気は?

このドラマは、ずっと皆さん撮影を続けていて、独特の現場の雰囲気があるので、私がそこに入ることに関しては、なじみ過ぎず、だからといって離(はな)れ過(す)ぎず、現場の空気にお邪魔(じゃま)できたらと思います。

――見どころは?

「加害者とか被害者とかだけではなくて、その事件にかかわったすべての人が傷(きず)を負っているんだ」ということが、このドラマや、この5,6話では、大きなメッセージになっていると思うので、そういう直接的な加害者、被害者だけではない周りの人たちの気持ちを伝えることができたらいいなと思います。

【プロフィル】
福田麻由子(ふくだまゆこ)'94年8月4日生まれ。B型。東京都出身。'98年「ケンタッキーフライドチキン」のCMに出演し、芸能界デビュー。映画「下妻物語」('04年)、ドラマ「救命病棟24時第3シリーズ」('05年、フジテレビ系)、「女王の教室」('05年、日本テレビ系)など、CM、映画、ドラマ、舞台など多方面で活躍。


「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜」
毎週火曜 夜9:00-9:54 フジ系で放送中
※福田麻由子は5月11日(火)放送分の第5話、、5月18日(火)放送分の第6話に出演

日時: 2010年5月10日 21:42
【引用ここまで↑↑↑】
posted by mayuko at 10:14| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

『サンケイスポーツ』2010年4月24日号の福田麻由子さん

■『サンケイスポーツ』2010年4月24日号の25面の芸能トピックス欄「エンタメモ」に福田麻由子さんの近況が載っています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】
エンタメモ(4月23日)

福田麻由子(15)

主演声優を務めるアニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』(片渕須直監督)のロングラン上映を記念し、東京・吉祥寺バウスシアターで舞台あいさつ。1955年の山口・防府を舞台にした小学生の友情物語。昨年11月から上映中。今月高校に進学し、「女の子の友だちと学校の食堂で宿題をしたり、おしゃべりするのが最高に楽しい」
【引用ここまで】
posted by mayuko at 11:15| 新聞に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

福田麻由子さんが選んだ3冊の本

■『My Space From Jp.』(東京ニュース通信社発行)という雑誌の2010年5月号の105ページに、
福田麻由子さんの書評が載っています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの書いた文章は太字にしました)】

BOOK REVIEW

「15歳」の感性と出合う本
福田麻由子

3人の15歳がみずみずしい視点で切り取ったいくつかの季節と感情

私は今15歳です。本を読むことが好きでいろいろ手にとってみるのですが、やっぱり登場人物が自分の年齢(ねんれい)に近いと、強く感じるものがあります。なので、登場人物が15歳の、大好きな3冊をご紹介しようと思います。

私の通う学校の英語の教科書にも載(の)っている『アンネの日記』。ナチスドイツの占領下で”隠れ家(かくれが)”に身を潜(ひそ)めて過ごしたユダヤ人、アンネ・フランクの13歳から15歳で亡くなる直前までの日記です。アンネの素直な気持ちがたくさん詰まっています。家族のこと、友達のこと、自分のこと。この日記を読むと、同い年の女の子の心をのぞき見しているようで、緊張するような、安心するような、不思議な気持ちになります。どんな時でも、強くあることを忘れなかったアンネは本当に格好よくて、時に、私を叱りながら勇気づけてくれます。特に最後の日記の、「わたし自身」に対しての自分と他人の目に映る自分の違(ちが)いに悩むアンネの文章が大好きで何度も読みました。そして、いつも本の最後の「アンネの日記はここで終わっている」という文を見て、現実に引き戻されるのです。私と同い年の少女や、たくさんの人々が亡くなっていたのだと、やりきれない気持ちになります。どんな教科書よりも、この日記が、もう二度と戦争をしてはいけないのだということを教えてくれました。戦争によって奪(うば)われていったものたちのことを、アンネの日記とともに伝えていくことが、私がアンネに対してお返しできるただ一つのことだと思っています。静かな狭い世界で書いた言葉たちがたくさんの人に届いているということをアンネに伝えられたら。

『海辺のカフカ』は私が一番好きな長編小説です。15歳の誕生日に家出をして、知らない街の図書館の片隅で暮らすようになった少年カフカの物語です。最後の一行は、たどり着くたびに、うまく言えないのですが、とても満たされた気持ちになります。あの一行にたどり着くために、飽
(あ)きずにまた最初のページを開いてしまいます。

『オートフィクション』は主人公リンの22歳の頃から、18歳、16歳、とさかのぼり、15歳で終わるという、少し変わった小説です。各章の共通点は主人公がリンであることだけ。同じ人物は出てこないし、場所も違います。過去のリンからは想像できない現在があり、現在のリンからは想像できない過去があります。現在のリンは他人から見れば”自立した女”でも、他人が見ているのは外見だけで、内面や過去は分からない。それは当たり前のことなのに、なんだか滑稽(こっけい)です。独特な世界観の小説です。次は16歳になったら、また読んでみたいと思っています。

この3冊を読むたびに私にはまだ出会っていないものがたくさんある、と心がうずうずします。

福田麻由子
女優。1994年8月4日生まれの15歳。
1998年に芸能界デビュー。
代表作はドラマ『女王の教室』、『古畑中学生』映画『ヘブンズ・ドア』『GOEMON』など。現在、声の出演をした映画『マイマイ新子と千年の魔法』がロングラン公開中。


『アンネの日記』(アンネ・フランク著、深町真理子訳、文春文庫、900円)、
『海辺のカフカ(上巻・下巻)』(村上春樹著、新潮文庫、上巻740円、下巻780円)、
『オートフィクション』(金原ひとみ著、集英社文庫、500円)
【引用ここまで↑↑↑】

☆おことわり☆ 
画数の多い漢字を太字にすると字がつぶれて読みにくくなると思うので、
振り仮名をつけました。



posted by mayuko at 17:56| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。