2010年12月24日

『B.L.T.』2011年2月号の福田麻由子さんの新年の抱負

■月刊『B.L.T.』2011年2月号(12月24日発売)177ページから178ページの「オリジナル開運絵馬読者プレゼント」に福田麻由子さんが登場しています。

赤い字で、「平成二十三年、開運祈願 B.L.T」と、すでに印刷されている絵馬に、若い女性タレントが好きな字を、絵馬の真ん中に、一字書き込んでいます。福田さんの絵馬には「福」という字を書いてあります。


【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】

23人の女の子がキミのために直筆で祈りを込めた!

平成23年とういうことで、グラビアに登場した23人の女の子たちが、開運絵馬に文字を書いてくれたよ。この絵馬が当たったら、願い事が何でも叶う1年になる・・・かも。

福田麻由子「高校生になってようやく新しい生活にも慣(な)れてきました。お仕事も久々の連ドラ(れんどら)をやらせてもらったりして、お芝居の楽しさを改めて感(かん)じました。2011年は高校生活とお仕事をさらに充実させて、濃(こ)い1年にしたいです!」

福田麻由子
1994年8月4日東京都出身。
獅子座。
B型。



【引用ここまで↑↑↑】



★画数の多い漢字を太字にすると、字がつぶれて読みにくくなると思うので、そういう漢字には振り仮名を付けました。
★★『広辞苑』で「絵馬(えま)」を引いたら、「祈願や報謝のために、社寺に奉納する絵の額。馬または木馬を奉納する代わりに馬の絵を描いたが、後に馬以外の画題も扱われるようになった。」と書いてありました。

posted by mayuko at 14:28| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

『読売新聞』2010年12月21日朝刊の福田麻由子インタビュー

『読売新聞』2010年12月21日の朝刊13面の
「2010 ベストセラー & 話題の本特集」に
福田麻由子さんのインタビューが載っています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました。)】

発売から半年足らずで100万部を突破した『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』、昨年のベストセラーの続編となった村上春樹の『1Q84 (3)』、本屋大賞を受賞した冲方丁の『天地明察』など、今年も話題作に尽きませんでした。皆さんはお気に入りの一冊を見つけられたでしょうか? 女優・福田麻由子さんに、自身の読書体験について語ってもらうと、とても女子高校生とは思えない意外な素顔が見えてきました。

女優・福田麻由子さんはまだ16歳にもかかわらず、夏目漱石からドストエフスキー、サルトルやカントなども読みこなす。小説や哲学にはまった契機は、中学2年生のときに出会った川上未映子だったといいます。
福田「あるインタビューで ”言葉は記号でしかないから、自分の思っていることを表現しきれるものではない” という意味のことを仰(おっしゃ)っていたんです。私も、人と話すとき、お芝居をするとき、伝えたいことは沢山あるのにうまく伝えられなくて、心にもやもやとしたしこりが残る感覚があったので、『この人なら自分の気持ちをわかってくれる!』と共感できたんです。」
芥川賞受賞作の『乳と卵』を始め、著作は何度も何度も、好きな作品は30回も繰り返し読んでいるそう。哲学にはまったのも、哲学科出身の川上氏の影響だそうです。
福田「読んですぐに理解できてしまうような本よりも、哲学書のようなうんうん唸(うな)りながら読む本が好きです。夏目漱石の『我輩(わがはい)は猫である』を読んだときも、巻末の脚注(きゃくちゅう)と本文をいったりきたりしながらで大変でしたが、とてもおもしろかったです。」
古典文学だけでなく、村上春樹、村上龍、町田康などの現代文学も大好きで、「鞄(かばん)に本を詰(つ)めすぎて重くなってしまうんです・・・」と悩む日々だといいます。
福田「小説とエッセイを同時進行で読むからかも。それでも、まだまだ『読まなきゃいけないリスト』がありすぎて困っているんです。本屋に行くと2、3時間はあっという間(ま)に過(す)ぎてしまいますね。」
読書の幅を広げようとしているのは、父親のあるアドバイスがあったからだそうです。
福田「今でも気を抜くと好きな本を読み返してしまうのですが、『好きな作家=信用している、ということで、それは時間が経(た)っても変わることはない、でも、好きな作家を見つけられるのは若いうちしかない』と父に言われて、なるべく多くの作家の作品に触(ふ)れようと思っています。普段は読まない小説以外の本も父から借りたりしていますよ。いまは、『これからの「正義」の話をしよう』を読んでいます。」
読書は「日常の一部」だと福田さん。中学生の頃から、考え方も変わったといいます。
福田「本を読むと、逆にバーチャルじゃない外の世界とのリアルなコミュニケーションの大切さがわかってくるのが不思議(ふしぎ)。昔は自分の殻(から)にこもりがちだったけれど、人ときちんと向き合わないとダメだなって、世界が広がった気がします。」

ふくだ・まゆこ
1994年生まれ
ドラマ『女王の教室』(2005年)、『白夜行』(2006年)、
映画『ヘブンズ・ドア』(2009年)など多くの作品に出演。
女優として幅広く活躍している。
最近の出演作は『Q10』(NTV)。

【引用ここまで↑↑↑】

★画数の多い漢字を太字にすると、字がつぶれて読みにくくなるので、そういう漢字は太字にしました。
posted by mayuko at 10:57| 新聞に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

『JUNON』2011年1月号の福田麻由子インタビュー

■月刊『JUNON』2011年1月号69ページに、
日本テレビのドラマ『Q10(キュート)』で富士野月子(ふじの・つきこ)を演じた福田麻由子さんのインタビューが載っています。Q10にちなんでQ1からQ10まで10個の質問(Question)に答えています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】

あの子が気になる!鹿浜橋高校生徒のso cuteな素顔に接近!
ドラマ『Q10』(日本テレビ系・土曜21時〜)で個性豊かな生徒たちを演じている噂のキャスト陣に大接近。心に深く届く青春群像をキュートに彩る彼らの等身大の魅力に迫ったよ。

福田麻由子 as 富士野月子

Q1.「自分と役柄の共通点は?」
福田「あまりないですね。私自身は全然ミステリアスではないので(笑)。月子は常に個人行動で、言いたいことだけ言って去るんだけど、それは相手を思ってのことだから、実はあったかい人なのかなって思います。」
Q2.「一番注目してるキャラクターは?」
福田「久保くん。池松壮亮(いけまつ・そうすけ)さんが本当に素敵で、1話を見たときからファンなんです(笑)。」
Q3.「現場で印象深かった出来事は?」
福田「4話で初めて教室に入ったとき、みんながワイワイ話してて、めちゃめちゃ緊張(きんちょう)しました(笑)。」
Q4.「現場のムードメーカーは?」
福田「男子はみなさんそうだと思います。」
Q5.「現場でよく話す共演者は?」
福田「佐藤健さんとは一緒(いっしょ)のシーンのときにお話ししてます。最終回までに池松さんとお話ししてみたいですね。」
Q6.「現場で流行(はや)ってることは?」
福田「わからないです・・・(笑)」
Q7.「台本以外で現場に必ず持っていくものは?」
福田「川上未映子さんの本。大好きな作家さんで、全作読んでます。」
Q8.「好きなセリフは?」
福田「第1話の病室(びょうしつ)で、久保くんが夜の散歩デート(さんぽ・でーと)がしたいって話をしたとき「(人間を)この世に引き止めるものなんて、その程度なんだよ」というセリフ。
Q9.「もしもロボットに恋をしてしまったらどうする?」
福田「私は片思いが一番楽しいと思うので、自分が好きならそれで十分です。」
Q10.「『Q10』の胸キュン(むね・きゅん)ポイントを教えて!」
福田「このドラマは当たり前のことを伝えてくれる作品だと思います。それは私たちが普段(ふだん)、直接(ちょくせつ)見ようとはしないことだったりして、ちょっと悲(かな)しくもなるけど、やっぱり素敵(すてき)だなって、思えるこの世界観(せかいかん)はみんなの心に響(ひび)くんじゃないかな。」


ふくだ・まゆこ
1994年8月4日、東京都
B型
1998年にデビュー。
ドラマ『女王の教室』『白夜行』、
映画『L change the World』『ヘブンズ・ドア』『20世紀少年 最終章』などで活躍。
『Q10』で富士野月子を好演中。
【引用ここまで↑↑↑】


★画数の多い漢字を太字にすると字がつぶれてしまって読みにくくなると思うので、そういう漢字には振り仮名を付けました。

posted by mayuko at 15:02| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

福田麻由子さんのクリスマスの思い出


■月刊『B.L.T』2011年1月号の154ページに、
1月号読者プレゼントのコーナーがあります。1月号に登場した女性タレントがメッセージを載せています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】

メリー・クリスマス!!
今月はクリスマスに届く、2011年のスケジュール帳を用意したよ。
女の子たちにはクリスマスの思い出を聞いてきたよ。

福田麻由子
1994年8月4日
東京都出身
獅子座
B型

福田「クリスマスはいつもサンタさんに手紙(てがみ)を書(か)いていたのですが、サンタさんにあげるため、飴(あめ)やミカンを手紙に添(そ)えていたんです。プリンを添えたこともありましたね(笑)。手紙と一緒(いっしょ)になくなっているのがうれしかった(笑)」

【引用ここまで↑↑↑】

★画数の多い漢字を太字にすると字がつぶれて読みにくくなるので、そういう漢字には振り仮名をつけました。
posted by mayuko at 15:53| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

『B.L.T.』2011年1月号の福田麻由子インタビュー


■月刊『B.L.T.(ビー・エル・ティー)』2011年1月号の26〜27ページに、日本テレビのドラマ『Q10(キュート)』に出演中の福田麻由子さん(富士野月子役)と高畑充希さん(河合恵美子役)の共同インタビューが載っています。二人とも、ドラマで着ている制服姿でのインタビューです。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました。】

制服を着た天使たち
Angels in Uniform

クライマックスが近づく各ドラマ
佳境に向けて物語が盛り上がる中
編集部では制服美女たちの動向に注目
凛々しいユニフォームに身を包んだ彼女たちに
ご注目ください。


インタビュアー「10代の女優さんたちが憧(あこが)れる学園モノの現場! 実際はどんな雰囲気ですか?

高畑充希「たくさんの同世代の方とお芝居する機会ってそうそうないので『こんな演じ方もあるんだ』って刺激を受けます」
福田麻由子「私は制服(せいふく)をしっかり着(き)て、っていう学園モノ自体が初めてなので、それだけで嬉(うれ)しいです!」
インタビュアー「制服もすごくオシャレだもんね」
高畑充希「胸のリボンも三種類あるんだよね。私と麻由子ちゃんのも少し違っててて」
福田麻由子「色が微妙(びみょう)に違(ちが)うんですよ」
高畑充希「私はリボンがお気に入りです。」
福田麻由子「私、実際(じっさい)の学校で着てる制服がセーラー系なんですよ。ドラマの制服がブレザーなんで、どっちも楽しめるるんるん
高畑充希「ただ、私が演じている”河合恵美子”が優等生キャラなんで、スカートの丈私だけ長いんです(笑)」
福田麻由子「私は引きこもりキャラだから、あんまり学校には来てなかったり(笑)」
インタビュアー「確かに真逆なキャラクターだよね」
高畑充希「シーン的にも、まだ1回もカラんだことないんだよね、私たち」
福田麻由子「ないですね。あまり現場で顔(かお)を合わす機会(きかい)もないくらい(笑)」
高畑充希「だから、きょういきなりのツーショットで、どうしよう、みたいな(笑)」
インタビュアー「そうなんですね。じゃ視聴者目線で見た富士野月子(福田)の印象ってどう?」
高畑充希「物語の核心にどんどん迫っていってる感じですよね。逆に、河合恵美子(高畑)はどんどん離れていってる感じがする(笑)」
福田麻由子「でも聡(賀来賢人)くんと・・・」
インタビュアー「そう、そう結構幸せそうじゃないですか!」
高畑充希「でも、これからいろいろあるんですよ。すんなりはいきませんね(笑)」
インタビュアー「福田さんから見た河合恵美子の印象は?」
福田麻由子「優等生(ゆうとうせい)だけどかわいい部分もあって、でも変わった人なんだろうなって思います。ただの秀才じゃない感じ(笑)」
高畑充希「時々イタい発言もするしね(笑)」
インタビュアー「役と自分との共通点って何かある?」
福田麻由子「月子以外の生徒って個性豊(ゆた)かだけど、根(ね)はみんな純粋(じゅんすい)な気がするんです。月子だけは根(ね)っからひねくれてる感じ(笑)」
インタビュアー「そこが似てる!?」
福田麻由子「ではないんですが、たぶん月子も純粋な心に憧(あこが)れを持っていて、そこが似てるかなあって。私も少し疑(うたぐ)り深いところがあるから(笑)」
インタビュアー「なるほど(笑)。高畑さんはどう?」
高畑充希「河合のように優等生じゃないし、あそこまでコンプレックスはないし、、共通点がなさ過ぎて、監督さんに相談したくらいなんです。そしたら監督さんが『最終回まで悩んでください』って(笑)」
インタビュアー「悩んでる姿が河合と重なりあったり。」
高畑充希「悩むのも何するのも、すごく一生懸命なんですよ。私にとっては河合のそういう部分が一番キュートに感じる」
インタビュアー「福田さんにとって富士野月子の魅力は?」
福田麻由子「いつも平太(佐藤健)をバカにしたような話し方をしてるけど、意外に相手を思いやって発言してる気がするんです。だから、実は結構(けっこう)いい子なんじゃないかなあって(笑)」
インタビュアー「物語&役の今後を占ってくださいっ!」
高畑充希「弱気な河合が、なんかあり得ないスピードで強くなっていくんですよ。そのままどんどん突き進んで、物語の核心にも触れていってほしいですね(笑)」
福田麻由子「月子の『コイツは何か知ってるぞ』っていう部分が明らかになるにつれて、Q10(前田敦子)秘密も分かってくるかも知れません。ぜひ注目してください!」

『Q10(キュート)』
毎週土曜日夜9時〜9時54分
日本・読売・中京・FBS・STV
人生に冷め切った高3の平太(佐藤健)の心をトキメかせたのは、
ロボットのQ10(前田敦子)だった。コンプレックスだらけの秀才(高畑)や、謎めいた言動の引きこもり(福田)、赤髪のバンド少女(蓮佛美沙子)など個性あふれる級友たちが入り乱れ、愛と友情と生き方を描く。

河合恵美子
Q10(前田敦子)のクラスメイト。
成績はトップクラスだが、コンプレックスの塊(かたまり)。

富士野月子
Q10のクラスメイト。
謎のひきこもり。
Q10の秘密を知るキーマン。


高畑充希(たかはた・みつき)
□PROFILE
1991年12月14日生まれ
大阪府出身
射手座
AB型
□CHECK IT
映画『書道ガールズ!! 〜私たちの甲子園〜』(好永清美役)のDVDが好評発売中。
公式ブログ更新中(http://ameblo.jp/mitsuki-takahata/
所属事務所HP
http://www.horipro.co.jp/

福田麻由子(ふくだ・まゆこ)
□PROFILE
1994年8月4日生まれ
東京都出身
獅子座
B型番
□CHECK IT
24時間テレビドラマスペシャル『みぽりんのえくぼ』(岡崎美波役)のDVD、
映画『マイマイ新子と千年の魔法』(青木新子役)のDVDが好評発売中。
所属事務所HP
http://www.flamme.co.jp/home/

【引用ここまで↑↑↑】

■月刊「B.L.T.」は、『雑誌新聞総カタログ 2010年版』によると、「10代〜30代の男性をメインターゲットにしたビジュアル系テレビ情報誌」です。登場する女性は全員服を着ています。
posted by mayuko at 18:16| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。