2011年02月09日

福田麻由子さんをコラムニストが絶賛

■『週刊文春』2011年2月17日号の119ページの連載コラム『テレビ健康診断』で、コラムニストの亀和田武さんが福田麻由子さんを絶賛(ぜっさん)しています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんのお名前は太字にしました)】
 アンダー18から期待の星をと言われたら、私は福田麻由子と忽那汐里(くつな・しおり)の二人の名を挙げる。あまた存在する十代の女優ないし予備軍(よびぐん)の中で、この二人の清楚(せいそ)な凛凛(りり)しさは群を抜く。
 言葉を変えれば、二人にはいまどきのギャル臭(ぎゃるしゅう)がない。ちょっと浮世離れ(うきよばなれ)した気配(けはい)が、彼女たちにはある。浮世離れ。これが実は大事な個性で、品性につながる。

文・亀和田武(かめわだ・たけし)
1949年生まれ。コラムニスト。
著書に『人ったらし』、『倶楽部亀坪』、『どうして僕はきょうも競馬場に』など
【引用ここまで↑↑↑】
posted by mayuko at 15:19| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。