2011年10月14日

『「パンドラ 3 革命前夜」オフィシャルガイドブック』の福田麻由子インタビュー

『「パンドラ 3 革命前夜」オフィシャルガイドブック』(東京ニュース通信社発行)の44〜47ページに福田麻由子さんのインタビューが掲載されています。
『パンドラ 3 革命前夜』は、有料の衛星放送局WOWOWの開局20周年記念番組です。(2011年10月2日から毎週日曜夜10時から)


【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました。)】
福田麻由子が演じるのはテロリスト・松永昭一郎(泉谷しげる)と出会ったことで、国家を揺るがす存在になっていくホームレスの少女・結城香恵だ。もちろん、ホームレスを演じるのは初めて。どうなんだろう!? ・・・その思いとともに、彼女の<新しい挑戦>は始まった。
インタビュアー「目新しい役どころとなる香恵ですが、どんな風にアプローチしていますか?」
福田「ひとつ芯(しん)があるなっていう子でいたいんです。香恵だって女の子だし、悲(かな)しいことや怖いこともあるけど、ひとりで立ち向かっていける強さを持っている子でいたいな、と思いますね」
インタビュアー「香恵は初登場シーンで母親の男を金属バットで殴り飛ばしますよね。衝撃的すぎる出発点に、思わずのけぞりました」
福田「確かに(笑)。すごくインパクトがあるし、撮影するのが楽しみです。実はまだ、その事件の後に北海道から上京して、お腹(なか)が減っていてイライラしている状態しか撮影してないんですよ(笑)」
インタビュアー「演じてみて難しかったですか?」
福田「イライラしてるとか、ひとつ取っ掛かりがあると、そこから膨(ふく)らませていけるので、難しくはなかったですね。でも、これからそういう取っ掛かりな何もない、普通の状態の香恵を演じていくことになるので、どんどん難しくなると思います」
インタビュアー「香恵は最終的にジャンヌ・ダルク的存在になっていくそうですね。となると、一ホームレスの時とはまた立ち位置や見え方が変わってくることに・・・」
福田「そうですね。ただ、私は立ち位置が変わったことによって、あんまり変わっていく子でありたくないなって思うんです。接する相手が松永でも、小さい子供でも、犬でも、どこか同じであるっていう・・・。そのブレなさがみんなを引っ張っていくことに繋(つなが)っていくことになって」
インタビュアー「河毛俊作監督からなにか要望は?」
福田「演技について何も言われないと不安なので、顔合わせで初めてお会いしたときから何回も『どんどん言って下さい』とお願(ねが)いしてるんですが、今のところ特に何も仰(おっしゃ)って下さらないんですよ。ちょっと寂(さび)しいです(笑)。もっと興味を持ってもらえるように頑張(がんば)ります!」
インタビュアー「福田さんの演技が完璧だったから、監督は何も言わなかったんですよ!」
福田「いやいや(照)。でも私、ホントに監督のことが大好きで!何でだろう・・・。初めて話した時に『ホント好き!』って思ったんですよ。そんな監督と1本作品を撮(と)れることが今すごく嬉(うれ)しいです」
インタビュアー「じゃ、現場に行くのが毎日楽しみ?」
福田「はい。でも毎日緊張(きんちょう)もします(笑)」
インタビュアー「共演者の中では、泉谷さんといちばん多く絡むことになりますね」
福田「はい。泉谷さんはホント素敵(すてき)な方なんですよ!ロケ地でも『近くにこんなところがあるんだよ』って教えて下さるし、すごく優(やさ)しくて。セッティング中もよく泉谷さんと監督と一緒にお話をするんです。私はほとんど聞いているだけなんですけど、フランクにお芝居の話とかもされって、“こういうのを聞けてるだけでもホント幸せ!”って思うんです。」
インタビュアー「上川隆也さんとのシーンもすでに撮られているんですよね」
福田「はい。以前、上川さんは出演されていなかったんですが、演劇集団キャラメルボックスの舞台(『雨と夢のあとに』)に参加させて頂いて、何度かお話したことがあったので、今回『やっと共演(きょうえん)できるね』って仰ってくださって。嬉(うれ)しかったですね」
インタビュアー「そして、主演は、江口洋介さん!」
福田「以前ドラマ(『救命病棟24時』第3シリーズ)でご一緒したときからずっと“飾(かざ)らない素敵な人 ”というイメージがあります。今回は江口さんをはじめ、素敵な先輩方がいらっしゃって、素敵なものがたくさん落ちてる現場だと思うから、吸収できるものは全部吸収したいです!」
インタビュアー「ところで「革命前夜」というサブタイトルからイメージするものは何ですか・」
福田「えーっ、何だろう!? ・・・何かを捨てるイメージ。変わる前って、たぶん一回何かを捨てないとダメだと思うんです」
インタビュアー「では女優人生で革命的だったのは?」
福田「さっきもお話したキャラメルボックスの舞台で、初めてお客さんの前で芝居をすることを体験したんです。“お客さんがいるんだ!”って、すごく感動しました。今でも初めて舞台(ぶたい)に出て行った時に見た景色(けしき)は覚えてます。映像作品の撮影中はお客さんが見えないので、どうしても“作品を作る”という一点に気持ちが向かってしまうけど人に届けるものだってことを忘れちゃいけないなって、初めてちゃんと実感できた瞬間(しゅんかん)でした」
インタビュアー「そんな忘れてはならないお客さんが『パンドラ 3』にも期待を寄せています」
福田「私は最初に『あのお芝居が良かったね』とかじゃなく、『あの作品良かったよね』と言っていただける作品をいつも目指したいと思ってるんです。今回はまさにそんな作品になるとワクワクしているので、皆さんにも楽しみにしていただきたいです!」


福田麻由子Profile

●1994年 8月4日生まれ

●2004年 映画『下妻物語』で映画デビュー
●2004年 『光とともに〜自閉症児を抱えて〜』(日本テレビ)出演
●2004年 『ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏』(日本テレビ)出演

●2005年 映画『同じ月を見ている』出演
●2005年 『救命病棟24時 第3シリーズ』(フジテレビ)出演
●2005年 『女王の教室』(日本テレビ)出演
●2005年 『火垂るの墓』(日本テレビ)出演

●2006年 『白夜行』(TBS)出演
●2006年 『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)出演
●2006年 舞台『雨と夢のあとに』出演

●2007年 『風林火山』(NHK)出演
●2007年 『演歌の女王』(日本テレビ)出演
●2007年 映画『ピアノの森』声の出演
●2007年 映画『Little DJ 〜小さな恋の物語』出演

●2008年 映画『L change the World』出演
●2008年 映画『犬と私の10の約束』出演

●2009年 映画『GOEMON』出演
●2009年 映画『ヘブンズドア』出演
●2009年 映画『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』出演

●2010年 24時間テレビ スペシャルドラマ『みぽりんのえくぼ』出演
●2010年 『Q10』(日本テレビ)出演

●2011年 『それでも生きていく』(フジテレビ)出演

【引用ここまで↑↑↑】

☆お断り☆
画数の多い漢字を太字にすると、字がつぶれてしまって読みにくいので、そういう漢字には振り仮名をつけました。

また、『パンドラ 3 革命前夜』の3はローマ数字のVなのですが、ウインドウズ以外のパソコンでVを表示したら、文字化けするので、Vの代わりに3と書きました。

posted by mayuko at 10:58| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

『Audition』2011年10月号の福田麻由子インタビュー

■『Audition』2011年10月号(9月1日発売)の108ページに福田麻由子さんのインタビューが掲載されています。

10月号の特集は「秋の特別オーディション2011」です。福田さんは所属事務所フラームを代表して、事務所の紹介と、出演中のテレビドラマについて語っています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】
 福田「小さい頃から児童劇団(じどうげきだん)に入っていたんですが、10歳ぐらいの時、当時ドラマでお世話になっていたプロデューサーさんに勧(すす)められて、フラームに移りました。所属(しょぞく)しているタレントさんもマネージャーさんもいい意味で自由で、一人一人がちゃんと目標を持って自立してる感じが好きなんです。注意されることもほとんどなくて、私は逆にその方が不安になってしまうんです。でも、自分でいろいろと考えて、悩(なや)んだ時には一緒に考えてもらえるので、それが成長につながるのかもしれませんね。2011年の事務所ニュースは、所属の女優さんが増えたこと!しゃべってなくてもキラキラしてて、『こういう人ってホントにいるんだな』って感動しました。 最近、作品を作るということがステキだなと思うようになって。もちろん演じているときが一番楽しいけど、そういうモノ作りの現場にいられることに幸せを感じます。
私の場合、台本は覚(おぼ)えるというより、シーンの流れを頭に入れる感覚に近いですね。『覚えよう』と思って覚えたせりふを言ってると、お芝居をしてても気持ちが悪いんです。学校の勉強も、頑張
(がんば)ると逆にダメで。勉強する時間がないときの方がテストの点数が良かったりするんですよね(笑)。今は、仕事と学校と両方があるからバランスがとれてる部分があるので。学生じゃなくなった時、どうやって仕事に向き合っていくのかを考えると、ちょっと怖いんです。」

●福田麻由子さんから『Audition』読者への応援メッセージ●
福田「私は、物心がついたときにはこの仕事をしていたので、同年代で新しい世界に入ろうとしてる人たちって、ホントにカッコイイなって思うんです。私も負けないように努力するので、頑張って夢をかなえてください!」

TV 『それでも、生きていく』
CX 毎週木曜 22時〜
 友人に妹を殺害された被害者の兄・洋貴(瑛太)と加害者の妹・双葉(満島ひかり)が出会った時、止まっていた時間が動き出す――悲劇を乗り越えて、希望を見出す2つの家族の物語。麻由子ちゃんは、双葉の妹・遠山灯里(とおやま・あかり)役で出演中。


福田「私が演じる灯里は、加害者家族という立場なんですが、事件は自分が生まれる前に起こったことで、もちろん、そういう意識(いしき)を持ってるけど、周りの人たちがいろいろと葛藤(かっとう)してるのとはまたちょっと違(ちが)う場所にいるんですよね。なので、とにかく普通の女の子として灯里を演じるように気をつけてます。今、10話まで台本を頂いているんですが(取材は8月中旬)、最終回がどうなるか、全然予測(よそく)がつかないんです。9話は、遠山家全体のつながいというか、加害者家族としての家族全員の感情を初めて見てもらえる回になっていて。そこから一気に加速していく感じがするので、最後までぜひ見ていただけたらうれしいです。」

福田麻由子(ふくだ・まゆこ)
1994年8月4日生まれ
東京都出身
幼少期から芸能活動をスタートし、『女王の教室』(NTV)、『白夜行』(TBS)で注目を集める。映画『ヘブンズ・ドア』『L change the World』、TV『Q10(きゅーと)』ほか。

フラーム
http://www.flamme.co.jp/
設立 1998年10月
所属者数 17名 (女性17名)
スタッフ数 15名 (男性8名 女性7名)
レッスン あり(無料)

広末涼子を育てた代表の井上氏が独立し設立。
現在は広末涼子をはじめ、戸田恵梨香ほか17名の女性が所属。
海外でも活躍できる演技派女優の育成に力をいれている。
☆フラームが求める人☆
12歳から20歳の女性
目に輝(かがや)きがあり、明るくフレッシュな女性を求めています。芯(しん)が強く、自分の意見をしっかり持ち、伝えることができる女性が望ましいです。

【引用ここまで↑↑↑】

☆画数の多い漢字を太字にすると読みにくくなるので、そういう漢字には振り仮名を付けました。
posted by mayuko at 11:07| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。