2010年12月22日

『JUNON』2011年1月号の福田麻由子インタビュー

■月刊『JUNON』2011年1月号69ページに、
日本テレビのドラマ『Q10(キュート)』で富士野月子(ふじの・つきこ)を演じた福田麻由子さんのインタビューが載っています。Q10にちなんでQ1からQ10まで10個の質問(Question)に答えています。

【引用ここから↓↓↓(福田さんの発言は太字にしました)】

あの子が気になる!鹿浜橋高校生徒のso cuteな素顔に接近!
ドラマ『Q10』(日本テレビ系・土曜21時〜)で個性豊かな生徒たちを演じている噂のキャスト陣に大接近。心に深く届く青春群像をキュートに彩る彼らの等身大の魅力に迫ったよ。

福田麻由子 as 富士野月子

Q1.「自分と役柄の共通点は?」
福田「あまりないですね。私自身は全然ミステリアスではないので(笑)。月子は常に個人行動で、言いたいことだけ言って去るんだけど、それは相手を思ってのことだから、実はあったかい人なのかなって思います。」
Q2.「一番注目してるキャラクターは?」
福田「久保くん。池松壮亮(いけまつ・そうすけ)さんが本当に素敵で、1話を見たときからファンなんです(笑)。」
Q3.「現場で印象深かった出来事は?」
福田「4話で初めて教室に入ったとき、みんながワイワイ話してて、めちゃめちゃ緊張(きんちょう)しました(笑)。」
Q4.「現場のムードメーカーは?」
福田「男子はみなさんそうだと思います。」
Q5.「現場でよく話す共演者は?」
福田「佐藤健さんとは一緒(いっしょ)のシーンのときにお話ししてます。最終回までに池松さんとお話ししてみたいですね。」
Q6.「現場で流行(はや)ってることは?」
福田「わからないです・・・(笑)」
Q7.「台本以外で現場に必ず持っていくものは?」
福田「川上未映子さんの本。大好きな作家さんで、全作読んでます。」
Q8.「好きなセリフは?」
福田「第1話の病室(びょうしつ)で、久保くんが夜の散歩デート(さんぽ・でーと)がしたいって話をしたとき「(人間を)この世に引き止めるものなんて、その程度なんだよ」というセリフ。
Q9.「もしもロボットに恋をしてしまったらどうする?」
福田「私は片思いが一番楽しいと思うので、自分が好きならそれで十分です。」
Q10.「『Q10』の胸キュン(むね・きゅん)ポイントを教えて!」
福田「このドラマは当たり前のことを伝えてくれる作品だと思います。それは私たちが普段(ふだん)、直接(ちょくせつ)見ようとはしないことだったりして、ちょっと悲(かな)しくもなるけど、やっぱり素敵(すてき)だなって、思えるこの世界観(せかいかん)はみんなの心に響(ひび)くんじゃないかな。」


ふくだ・まゆこ
1994年8月4日、東京都
B型
1998年にデビュー。
ドラマ『女王の教室』『白夜行』、
映画『L change the World』『ヘブンズ・ドア』『20世紀少年 最終章』などで活躍。
『Q10』で富士野月子を好演中。
【引用ここまで↑↑↑】


★画数の多い漢字を太字にすると字がつぶれてしまって読みにくくなると思うので、そういう漢字には振り仮名を付けました。

posted by mayuko at 15:02| 雑誌に出た福田さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。